仮想・場末のスナック「ゆかいち」

みーんなみんな、誰かを支えて 生きとんよ!

人生の意義を見つけるために、これからの若者が大切にすべき価値観とは?

f:id:yukaichi:20180723203357j:plain

 こんばんは、ゆかいちです。
東京では40度を記録するなど、モーレツに暑い日々が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今夜の話題は、「これからの若者は、どんな価値観を大切に生きていけば良いのか?」です。よろしくお願いします。

 

1.親世代との価値観の違い

生き方について悩む理由として、「親を手本にできない」ことが原因の方もいるのではないでしょうか。

 

まだ生活が豊かになりきっていなかった時代の仕事のモチベーションは、もっと豊かになりたい、美味しいものが食べたい、いい家に住みたいというシンプルなもの。戦後に保有していた農地が取られてしまい、社会的地位が急に落ちてしまって悔しい思いをし、「かつての地位に戻りたい」と一念発起した私の祖父も、そんな時代を生き抜いた、強い人だなと思います。

 

この世代は、欠けているものを満たす、マイナスからイチを生み出すという強烈な上昇志向を持って働いていました。

今でいうと、中国やインドなど、勢いのある新興国のような感じかなと、イメージしています。

 

2.ミレニアル世代の価値観

いまの20代〜30代の若者は、世の中全体が豊かになってから生まれた世代ですので、親世代のような「シンプルな上昇欲求」を仕事のモチベーションしにくくなっていると思います。

 

マックもあり、モスバーガーもあり、シェイクシャックのようなお洒落なハンバーガー屋さんもたくさんある中で、「もっと美味しいハンバーガーが食べたい!」という欲求を持てと言われても、ピンときませんよね。

そんなミレニアル世代にとっては、自分の人生に意義を持つこと自体が、「価値」になります。これは、新たな価値観ですよね。周りを見ていても、自分が好きなことを見つけて、それに熱中している人は強いな、と思います。

 

3.若者よ、好きなことに情熱を傾けよう!

お金を儲けて豊かになることを目指さない時代には、人生の意義を持っている人、そしてそれを他人に与えららる人がどんどん強くなっていくのではと思います。

現在でも、YouTuberやライブ配信者に投げ銭をする文化が生まれていて、儲けを第一に考えて動いている人より、ただただ何かに熱中している人の方に、利益がついてくるようになりつつあるなと感じます。

 

生き方のヒントが見つかる記事

さて、ここで、みなさんにご紹介したい記事があります。
タイトルは、「人生でいちばん大切なことを教えてくれた、あるおばあさんとの1ヶ月」。ナースあさみさんという方が執筆されたものです。

 

ここには、お金や人脈だけでなく、人との繋がりを何より大切にして周りからの信頼されていた田中さんという女性の生き方と、その最期が綴ってあります。

私はこれを最後まで読み終えるころには、涙がぽろぽろとこぼれるほど感動しました。

田中さんの生き方に強く心を打たれて、それと同時に生き方の本質に気づかされる、とても素敵な文章でした。

生き方のヒントが見つかると思います。ぜひ、ゆっくり読んでみてください。

note.mu

おわりに

「好きなことに打ち込め」と言われても、小学校の自由研究でさえ、先生のご機嫌を伺ってお利口さんな題材を選んでいた私ですから、なかなか難しいなぁと思ってしまいます。

その経験から思うのは、人間の心は、豊かに使っていなければすぐに錆びてしまうということ。おもしろそうなものに飛びついたり、美味しそうなものにかぶりついたりすることが、怖くて出来なくなってしまいます。

 

そして、「これからは好きなことを仕事に」と言われることが多くなってきましたが、自分で熱中を作り出せる人より、このように悩む人の方が世の中には多いのではないかと思うのです。
これからの時代を生き抜くためには、心のアンチエイジングが必要かもしれませんね。

 

今夜も、お読みいただきありがとうございます。