仮想・場末のスナック「ゆかいち」

みーんなみんな、誰かを支えて 生きとんよ!

増える奨学金破産!返済支援制度は必要か?自己責任か?

f:id:yukaichi:20180718193302j:plain

「奨学金破産」という言葉を、あなたは知っていますか?

学生の2.7人に1人が利用する、奨学金制度。
景気低迷などの社会情勢を反映し、貸与規模は日に日に拡大しています。

しかし、それと同時に、返済が滞ってしまって、自己破産を余儀なくされる「元学生」も増加してしまっているようなのです。

 

そこで今回は、奨学金破産は甘えて人の自己責任なのか?それとも返済支援制度が必要なのか?

学生とは切っても切れない、奨学金についての問題を深掘りしていきたいと思います。

 
奨学金破産の怖さとは?

奨学金破産とは、学生時代に奨学金を利用したものの、卒業後に返済の目処が立たなくなり、自己破産を余儀なくされてしまうことです。

朝日新聞によれば、過去5年の奨学金破産は、のべ1万5千人です。

1万5千人というと、だいたい代々木体育館か横浜アリーナが満席になるくらいらしい。
5年であの客席が全席埋まるのね、、。


はい、真面目な話に戻って。

 

奨学金破産の何が怖いかというと、本人の破産だけでは済まず、家族を巻き添えにしてしまう可能性があるというところです。

親が保証人になっている場合、奨学金の返済義務は親に移ります。

しかし、そもそも家計に余裕がないから奨学金を借りている身、返済できない場合もあるはず。そうなると、親子で自己破産をしなければならなくなります。

 

「お父さん、、ごめん、、、。」


奨学金延滞率の大学ランキングから考える

toyokeizai.net

東洋経済より、奨学金延滞率の大学ランキングが発表されています。
これは、失敗しない大学選びをするための参考材料としては、有用な情報になるのではないでしょうか。

 

ランキングをみると、延滞率で上位に入っているのは、地方の私立大学に偏っています。一方で、国立大学は、安定して下位に固まっている。

このランキングから、どの大学でもいいから大卒ならば将来安泰!と言われた昭和の価値観は、もう通用しなくなっているということ、延滞率が高い大学の傾向が伺えると思います。


返済支援制度を取り入れる企業がある

このように返済に悩まされる若者がいる奨学金ですが、福利厚生として、返済支援制度を取り入れている企業があります。

 

株式会社クロスキャット

www.xcat.co.jp

ITシステムを数多く開発している株式会社クロスキャットでは、「奨学金返済の経済的・心理的負担を軽くし、安心して仕事に専念してもらうため」に、返済支援制度を採用しています。

 

クリヤマ株式会社

www.kuriyama.co.jp

『「社員の豊かな生活を築き、家族ぐるみで愛される会社」という経営理念実現のための取り組みのひとつとして、 新卒として入社した社員の経済的支援を目的とし、「奨学金返済支援制度」を新設』したそうです。

そのほかにも、多数の企業がこの制度を取り入れています。

 

メリット・デメリット

返済支援制度を導入するメリットは、従業員の会社への好感度があがるため業務で貢献しよう!とモチベーションのアップにつながること、優秀な人材の確保につながるなどが見込めます。

一方で、奨学金を肩代わりしてもらったという思いから、人間関係の問題や仕事が合わないなどの問題が起こっても、辞めにくいというデメリットがあります。

スポーツ推薦で入学したら、部活を辞めにくいのと同じ感覚ですね。


返済支援制度は、不平等だと思いますか?

もう1つのデメリットとして、「奨学金を利用していない社員は不公平感を感じるのでは」という懸念があげられます。

 

business.nikkeibp.co.jp

それについて、切り込んでいる記事を見つけました。

そもそも、新入社員だからみんな同じ給料だという方がおかしい。
同じ新卒と言っても、人によって大学卒業までに培ったスキルも経験も何もかもが違う。大学で一生懸命勉強して専門技能を磨いた人材と、遊びほうけていたがたまたま面接が得意で受かった人間が、同じ会社に入ったからといってなぜ同じ給料なのか。むしろその方が不公平ではないか。

という考え方です。


私は、入社段階でのスキルによって額面を変えるというオンデーズの田中社長のお考えは、とても先進的でワクワクします。

バイリンガルであることも新卒段階での昇給の基準になるなど、英語弱者としては耳を塞ぎたくはありますが(笑)、いままで平等だったのが不思議なくらいだな、と素直に思います。


一方で、奨学金については、「新入社員だからみんな同じ給料だという方がおかしい」という部類に入らないのではと思うのです。

仕事上のスキルによってお給料に差がつくのは分かりますが、学生時代に奨学金を受けていたのか、そうでないのかによって差がつくのは、違うと思う。

なぜなら、あくまでも「奨学金=借金」であると考えているからです。どんな理由であれ、借りたお金は借金であり、それは会社が肩代わりすべきものなのかどうか、疑問に思います。(どちらかといえば国になるのかな、、、、、。

 

みなさんは、返済支援制度は、不平等だと思いますか?