仮想・場末のスナック「ゆかいち」

みーんなみんな、誰かを支えて 生きとんよ!

就活前の女子大生がゼッタイ身につけるべき、3つの力。

f:id:yukaichi:20180630205432j:plain

どうも、ゆかいちです。
つい最近まで自分の就活をしてたような気がするのですが、時が経つのは早いもので、最近は後輩からの相談をぽつぽつと受けるようになってきました。

「やりたいことが分からない」
「ガクチカに何を書けばいいのか分からない」

こんな内容をよく聞かれるのですが、逆にこちらから質問すると、精神論的で、しかも右に倣えの答えばかりが返ってくる。

 

「やりたいことを仕事にしたい」というのが、その典型的な答えなのではないかと思います。

f:id:yukaichi:20180630205643j:plain

f:id:yukaichi:20180630205621j:plain

 

ただ単純に「上」からの指示に従っておけば、ラクだし責任も逃れられるかもしれません。でもね、「だってそー言われたから」「だってそー習ったから」と責任回避し続けた先に、どんな人生が待っているでしょうか?

 

「だって、だって」と言い続けた女子達は、たぶん、結婚や出産でキャリアが中断した際に自由な働き方が選びづらくなるという、かなり根本的な問題に直面することになる。そうならないために、就活前にゼッタイ身につけるべき力を、3つまとめました。

やりたいことを言語化する力。

「私、直感型なんだよね!」って言う人みたことありませんか?

そういうタイプの人は、「転勤だけはしたくない」と言っていたはずなのに、気づいたら金融業界の転職不可避の職種へ行くことになったりしています。

そんなバカなと思いますよね。

 

でも、恋愛に例えると、「イケメンが好き〜」って言った友達の彼氏がちょっとイマイチだったり、「細マッチョじゃないとやだ〜」って言ってたのにアメフトゴリマッチョだったり、、、

結構あるあるじゃないですか?笑

 

それだって、「なんでイケメンがいいの?」「かっこいいから!」ってゆう精神論的右へ倣えの答えではなく、「ルックスが良い人のほうが平均で10~15%も年収が高いということが科学的に証明されていて、私はお金に困りたくはないからイケメンが良い」という程の言語化された意志があれば、違う方向へぶれることはないはずです。

 

直感型だから、、言語化が苦手で、、というのは、ただ思考することから逃げているだけ。

自分の考えひとつひとつに何で?と問うて、やりたいことを言語化できていれば、それだけで周りから一歩リードした就活ができるのです。

主体的にキャリアを選択する力。

主体的にキャリアを選択していない人たちは、働いている中でどうしても「やらされてる感」が出てしまう。

そして、アウトプット量が少ない→スキルが身につかない→結局自分がやりたいことなのかどうかも分からないという悪循環に、自然とハマっていってしまいます。

 

自分がやりたいことなのかどうか分からないので、ずーっとモヤモヤしたまま。そんな人が、結婚・出産でキャリアを中断して、自由な働き方をしようと思った時、果たして付加価値の高い仕事が得られるでしょうか?

主体的にキャリアを選択することは、その意味で、自分のためだけではなく将来のパートナーや子供のためにも、重要です。

周囲に流されず、やり抜く力。

最後に大切なのは、周りに流されずにやり抜く力です。

インフルエンサーのSNSに沸くアンチコメントを目にする機会はあるかと思いますが、別にインフルエンサーでなくても、そのコミュニティ相応のアンチがいるものです。

 

私も、インターンをしていると言えば、「社会に対して何か生み出したの?」「バイトとなんか違うの?」と何度も言われましたし、

こんな風に、考えたことをまとめてブログで発信していると言えば、「あなたは何か成し遂げたの?」「何も成し遂げてないやつの話なんて一体誰が聞くのw」という成し遂げ厨みたいな人も必ずいます。

 

2つとも小さな経験ではありますが、私はこれらを通して、何かをやり抜くためには、ある種の鈍感力が必要なのかもしれないなと感じました。

 

さて、長くなりましたが、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

これを読んでくださったみなさんが、アンチコメントに流されないようにやりたいことを言語化した上で就活に臨み、主体的なキャリア選択をされることを、願ってやみません。