仮想・場末のスナック「ゆかいち」

みーんなみんな、誰かを支えて 生きとんよ!

【20卒必見】人事経験者が教える!長期インターン選考で、採用されるためのポイント3つ

4月も後半に入り、20卒のみなさんは、そろそろインターンとかした方がいいのかな?なーんて考え始める頃でしょうか??

 

私は、大学3年の8月から始めたベンチャー企業での長期インターンで、「インターン生の人事」のような業務を経験し、実際に面接も担当していました。

 

(学生が学生を面談するという、今思うとおかしな構造なのですが、、、)

 

 

ということで今回は、

 

人事としての目線、学生としての目線の両方を持って面接官業務を経験した私がお送りする!

 

『長期インターンの選考で、採用されるためのポイント3つ』

 

では行こうっ!

 

f:id:yukaichi:20180516222846j:plain

 

 


勤務日数が多いこと

「しっかり勤務できること」
これがまず最低条件です。

 

そんなの当たり前じゃんwwwwって思いますよね。

 具体的な勤務プランを考えないで面談に来る学生さん、めちゃめちゃ多いんです。

 

 

月曜日から順に、何時から何時まで勤務できるか教えてください」とお願いすると、

 

「あれっ、、よく考えたら、週に2回しか入れない!!!」

 

なんてことはよくあります。

募集要項には、週3以上勤務とあるのにです。

 

 

大学生の本分はまず、ちゃんと卒業することです。履修の状況などを考慮して、自分に合った条件のインターンを選びましょう。

 

 


「どんな仕事でもやります!」の姿勢

 

面接で、どんな仕事やりたいの?って聞くと、

 

「企画やりたいです!」
「マーケティングやりたいです!」
とか色々希望がある方が大半です。

 

でも、

 

企画職って、マーケティングって、具体的にどうゆうのイメージしてる?って聞いて、具体的な回答が返ってくることはほぼありません。

 

だいたいは、
「うーーーーん???」
(自分で言ったものの、良く分かんねーな。)


となってしまいます。

 

だが、それでいい!!!
だって働いたことないんだから!

 

小さい頃からサッカーをしてきた。
サッカーが大好きだ!
だからサッカーを通して国際協力がしたい!

 

など、

やりたいことというのは、何かに真剣に向き合い、取り組んだ先に見えてくるものです。

 


インターンの段階で、「企画じゃないとやだ!」「この事業に関われる仕事じゃないとやだ!」なんて、仕事を選り好みするのはナンセンス。

 

 

頂ける仕事であれば何でもやります!

という姿勢が自分の成長にも繋がるし、面接でも高評価になります。

 

 

 
事業内容に対して興味があること

 

何でもやります!の姿勢が大事なのに、興味がある事業を選ぶ、、、?

え、上の内容と矛盾してない?って思ったそこのあなた。

 

まさにです。

 

正直言って事業内容に1ミリも興味がなくたって、試行錯誤しながら全力仕事して、小さな成功体験を積み重ねることが、デキるビジネスパーソンへの近道です。


じゃあ何で、事業内容への興味をポイントに入れたのかと言うと、

 

興味がある仕事のほうが、続けられるからです。

 

ご自身を振り返ってみると、

 

漫画なら一日中読んでられるわー。
車を運転するのが楽しくって仕方がない!

 

とか、何でもいいんですけど、興味のある分野ってありますよね?

 

どうせ仕事に明け暮れるなら、一日中やってても苦痛じゃないジャンルのほうが良いじゃないですか??

 

面接官も、興味方向と事業内容がマッチしている方だと、「継続の可能性が高いな」と判断して安心して採用することができるものです。

 


最後に。

 

いかがでしたか?
長期インターンの面接では、

 

・勤務日数が確保できること
・何でもやります!という熱意
・事業内容への強い興味


この3つをアピールして、最高の成長環境をゲットしちゃいましょう!